読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人ADHD 月子の生き方

アラフォーにして『大人のADHD』だと診断され…!人生の大きな転機を迎え、これからの生き方を日々模索中。

空のとびかたプロジェクト様よりインタビューを受けた話

『空のとびかた』プロジェクト様より、インタビューのご依頼を受けるとともに、このブログ「大人ADHD 月子の生き方」の紹介をしていただきました。 インタビュアーの来未炳吾さんはアスペルガー症候群、私はADHDを持つという発達障害コラボです♪

ADHD月子とちょっと変わった家族 ~コイよ来い!~

【ADHDの月子と家族】 私の祖母と父は、様々なイベントを企画しては私たち家族を誘ってくれます。 今回は、“公園の鯉にエサをあげに行く!”という連絡を受け、休日の公園で待ち合わせをしたのですが…? ちょっと変わった家族の紹介です(笑)

はじめまして、ADHDの月子です!

当ブロク『大人ADHD 月子の生き方』は、2015年初頭に大人のADHDだと診断されてしまった月子(管理人)がどうしようもない過去から、やらかし続けている日々、そしてその中から学んだことを時々織り交ぜつつ、のんびりと更新しています。

ADHD月子、ピック病の母の幸せを考える

2013年の初冬、 母が若年性認知症のひとつ『前頭側頭型認知症(ピック病)』だと診断されました。 2015年の春、病気の進行により一人暮らしが難しくなった母と弟夫婦が同居をはじめます。 その後、母の入院を機に私たちは母の幸せについて考えました。

母のピック病と私のADHDに共通点が!?

母が若年性認知症のひとつである『前頭側頭型認知症(ピック病)』だと診断され、突然介護を任された私。 が、今度は私自身のADHDが発覚します! 慌ててADHDの勉強をしていた私は、ふとADHDとピック病、2つの共通点に気付いたのでした。

ピック病の母の介護と向き合うADHDの私

2013年の初冬、 母が若年性認知症のひとつである『前頭側頭型認知症(ピック病)』だと診断されました。 病気の進行とともに母には様々な症状が現れます。 今回はピック病の発症で変化してしまった母と、私が行った介護の内容についてお話します。

ADHDの私が直面した母の介護

自分自身のADHDに全く気がついていなかった私に突然訪れた介護問題! 2013年の初冬、母が前頭側頭型認知症(ピック病)だと分かってから、私たちが起こした行動とは? 様々な不安を抱えながらも、待った無しの介護は始まったのでした…。

ADHDの月子が介護を考える!

介護。それは皆さんにとっても身近で切実な問題ではないかと思います。 2013年の初冬、その問題が私にも突然訪れました。 一人暮らしをしている母(当時、64歳)のおかしな行動とは…? まだ自身のADHDに気付いていなかった私が介護を考えます!

ADHDと定型発達者のコラボ

大人のADHDだと診断されてから始めたブログ…が、書く度に長くなっていく記事、滞りがちな更新。 そんな私の前に、ブログ再生へと導いてくれる救世主が現れました! ADHDと定型発達者の2人で一緒に作り上げるブログ。その裏側をご紹介します♪

ADHD・月子、受診への巻!

家族会議を経た私たち夫婦が病院での受診を決断し、実際に私が発達障害(ADHD)の診断を受けるまで、どのような流れだったのかイラストを交えつつお話しします。 ・病院の予約は大変! ・初診と検査 ・夫の感想 ・ADHDとの診断を受けて

夫からの告白・私のADHD

発達障害者支援センターへ相談するには“病院で発達障害の診断を出してもらう”必要があると知った夫。 発達障害(ADHD)疑惑がある私を説得し、病院に連れて行くために家族会議を行うのでした。 ・夫に“発達障害があるのでは?”と言われて…

妻のADHD疑惑 夫の決断

私がADHDだった!と分かるまでの約7年間、何度も困難な状況に直面し、その度に挫折を味わうはめになった夫について、夫目線で語っていこうと思います。 ・妻はなにかの病気? ・家庭を全て一人で回す ・その限界の先に (イラスト入り)

ADHD診断前の妻と暮らす夫の苦悩

自身のADHDに全く気づいていなかった私と結婚をし、一緒に暮らし始めた夫が体感することとなった、大きなつまずきと様々なズレについて、当時のエピソードを交えつつイラスト入りで話したいと思います。 ・話し合いは難しい ・結果として嘘つきに

ADHDの診断を受ける前の私

私がADHDの診断を受ける前、それこそ自分自身のADHDに全く気がついていなかった頃のエピソードを、当時のことを思い出しつつイラスト入りで幾つか挙げてみたいと思います。 《片付けるなら…完璧に!?》 《好奇心旺盛+収集癖=浪費癖!?》 《宵っ張りの朝寝坊》

イラストで見る大人のADHD

“ADHD”について文字で説明するのではなく、絵で伝えてみたい! そう考えた私はADHDのある人にとって、日常生活の中でどのようなことが起こっているのか?を、イラスト化してみました。 今回は私が日常生活で困ったと感じている点を5つピックアップしています…

ストラテラが切れるということ ~それは以前の自分と向き合う時~

ADHDの治療薬『ストラテラ』から『コンサータ』へと服用の切り替えが決まったことにより、それまで約5ヶ月間服用していた『ストラテラ』については、この日を境に服用が中止となりました。 『ストラテラ』の効き目が切れ、様々な発見がありました…

発達障害の診断を受ける必要性とは? ~その1.大切な家族のために~

私たち夫婦にとって『発達障害の診断を受ける』ということは、とても重要な出来事となりました。 私にとっては、人生の岐路に立ったといっても過言ではありません。 私と同じように大人になってから“発達障害の診断を受けた方”にとって『発達障害の診断を受…

発達障害の自覚がなかった私と家庭を持ち、人生を狂わされた夫

私が発達障害(ADHD)だと診断を受けるまでの約7年間、崩壊・離婚寸前だった我が家の内情を振り返りながらお話しをしたいと思います。 私自身、発達障害の診断を受けるまで自分にそういう傾向があるなんて思ってもみませんでしたし、夫もそうとは気付きませ…

過集中…それは◯◯との闘い!?

ADHDやアスペルガーがある人の特性として、『過集中』という症状があります。 (ADHDとアスペルガーの過集中はちょっと特性に違いはありますが…) 『過集中』とは簡単に説明しますと、興味や関心があることに対し我を忘れて没頭してしまう、異常なほど集中し…

大人の発達障害かも!?と思ったら…病院探しから診断をもらうまで ~まとめ~

私が“発達障害(ADHD)の診断を受けるまで”という内容の最後のまとめの回としてお送りします。 1:病院を探す 2:予約の電話を入れる 3:受診に必要な物を確認する 4:受診前の事前準備をする 5:初診日を迎える 6:知能検査等を受ける

大人の発達障害かも!?と思ったら…病院探しから診断をもらうまで ~病院の受診編~

今回も“発達障害(ADHD)の診断を受けるまで”をお送りいたします。 前回から引き続きの方も、今回はじめましての方もありがとうございます!病院探し編・受診の準備編も併せて、よろしくお願いします。 tsukikosan.hateblo.jp tsukikosan.hateblo.jp この“大…

大人の発達障害かも!?と思ったら…病院探しから診断をもらうまで ~受診の準備編~

今回も引き続き、“発達障害(ADHD)の診断を受けるまで”をお送りいたします。 前回から読んでくださっている方も、今回はじめましての方もありがとうございます!おさらいは下記からどうぞです。 tsukikosan.hateblo.jp それでは改めまして、“病院に行く前の…

大人の発達障害かも!?と思ったら…病院探しから診断をもらうまで ~病院探し編~

私が“発達障害(ADHD)の診断を受けるまで”の体験談を元に書いた記事です。 今現在、ご自身の発達障害を疑っている方やこれから診断を受けようとされてる方のご参考になればと思います。 1:まずは病院を探そう! 2:病院に予約の電話を入れよう!

ADHDの私と片付けられない部屋。…ある日、仰天の出来事が!! ~恥ずかしいエピソード編~

大人のADHDの私が起こしてしまった、“女性らしからぬ、今だから笑える話”を暴露します! 以前、片付けられない部屋で過ごしていた私。その日常はある出来事によって…!?

ケガと不注意とADHDの私。その驚きの原因とは!?

発達障害者に日常的なケガが多いのは、自分自身のボディイメージ(脳の中で思い描く自分の体の部位の位置やその動き)が上手くつかめていないということが原因らしいです。 さらにADHDは注意散漫なため、その行動には拍車がかかり…!?

自分自身と照らし合わせて考える【大人のADHD】10の困りごと ~後編~

書籍「図解 よくわかる大人のADHD」内の“大人のADHD10の困りごと”を参考に、私自身と照らし合わせながらADHDの特性について考えてみました。 後編は『自制が利かない・プランが立てられない・事故に遭いやすい・退学・失業・離婚が多い』の4つとなります。

自分自身と照らし合わせて考える【大人のADHD】10の困りごと ~中編~

書籍「図解 よくわかる大人のADHD」内の“大人のADHD10の困りごと”を参考に、私自身と照らし合わせながらADHDの特性について考えてみました。 中編は『先延ばしにする・忘れっぽい・飽きっぽい』の3つとなります。

自分自身と照らし合わせて考える【大人のADHD】10の困りごと ~前編~

書籍「図解 よくわかる大人のADHD」内の“大人のADHD10の困りごと”を参考に、私自身と照らし合わせながらADHDの特性について考えてみました。 前編は『集中できない・計画的にできない・人の話が聞けない』の3つとなります。

ブログをはじめて1ヶ月。ご報告と進む道。

// 思いつきではじめた、このブログは開設して約1ヶ月が経ちました。 飽きっぽい私が、よく続けてこられたなぁというのが正直な感想です。 続けることができた一番の要因は、このブログを“見てくださる方がいらっしゃる!”この一言に尽きます! スターを付け…

自分が【大人の発達障害(自閉症スペクトラム・ADHD等)】だと気が付くきっかけについて考えてみる ~追記・発達障害だという診断は必要なのか~

前記事に『何に困っていて、周りの人とどうやり取りすればいいかさえ分かれば、診断はあまり重要ではないのでは?』とコメントをいただいたことを受け、私なりに“病院で発達障害の診断を受けることの意味”を、我が家のケースを元に考えてみました。

自分が【大人の発達障害(自閉症スペクトラム・ADHD等)】だと気が付くきっかけについて考えてみる #世界自閉症啓発デー

ADHDの診断を2ヶ月前に受けたばかりの私が、4月2日の「世界自閉症啓発デー」に向けて行われた、発達障害啓発記事のコラボに参加して書いた記事です。 私なりに『自分や周りが発達障害に気付くきっかけ』について考えてみました。

【ロタウィルス胃腸炎】大人が感染すると…どうなるのか?!

2歳の娘がロタウイルスにかかって約一週間。やっと完治し、喜んだのも束の間、今度は私がロタウイルスを発症してしまいました。 “大人が感染した場合、そんなに症状はひどくならない”とのネット情報を信じてみたのですが…!(嘘でしたorz)

子宮がん検診『子宮頸部生検(組織診)』、再々検査の結果やいかに?!

以前、子宮頸部生検(組織診)で『高度異形成』と診断され、レーザー手術を受けた私。 今回は、子宮頸がん検診の細胞診で再検査、組織診で『HISL(高度扁平上皮内病変)』だと言われて再び検査。再々検査した結果を聞きに病院へ行きました。

このブログについて ~登場人物の紹介~

今後登場するであろう人物の紹介と関係性をイラスト化してみました。 《月子について》 基本、面倒くさがりで怠惰な「ナマケモノ」系で、マンガやゲームが大好きです。 あと、1990年代のヴィジュアル系全盛期の頃のバンドが未だに好きで聴いてます。

スポンサーリンク